むあブログ

芸術とお酒が好きな独身女の日常

星組『柳生忍法帖』東京宝塚劇場のキャスト別の感想

f:id:turandotstella:20211129084334j:image

こんにちは、むあです。

先日、宝塚の星組公演『柳生忍法帖(やぎゅうにんぽうちょう)』を東京宝塚劇場で観劇してきました。今回は、その感想をお話していきたいと思います。

同時公演の『モアーダンディズム』は下記のブログで感想を書いていますので、併せて読んでいただけると嬉しいです。

turandotstella.hatenablog.com

私は宝塚を好きになってまだ日が浅く、星組の舞台観劇も日本物作品も、実は今回の『柳生忍法帖』が初めてでした。その作品が、星組2番手スターの「愛月ひかるさん」の退団公演ということで、とても貴重な機会だったので、しっかり感想を記していきたいと思います。

ここから先は「ネタバレあり」のため、ご注意ください。

 

 

東京宝塚劇場柳生忍法帖』の感想!星組を初めて舞台で観劇

f:id:turandotstella:20211129084633j:image

星組柳生忍法帖』作品の感想

【作品ストーリー】

作品は、女性たちの仇討ちを中心に描かれたストーリーでした。宝塚の日本物は初めてでしたが、礼真琴さんが演じた「柳生十兵衛」と女性たちの絡みにコメディ要素もあり、とても面白かったです。

【舞台演出】

演出としては、客席がまだ明るい状態で歌が始まったので、びっくりしました。宝塚では、そのような演出もあるんですね。

【お歌】

歌で印象に残っているのは、女性の悲しみがこもった童話のような歌です。タイトルはわからないのですが、心がぎゅーっとなるような切ない歌でした。

 

東京宝塚劇場で観劇した「座席」の感想

今回の座席は2階でした。中央席だったので、視界が開けてとても見やすかったです。座席も全体的に見渡せましたが、男性のお客さんも多かったですね。

あと、中央の座席だと、照明(スポットライト)がピカーンと、とても明るいんですね。それも新しい発見でした。

 

東京宝塚劇場柳生忍法帖星組キャスト別の感想

f:id:turandotstella:20211129084616j:image

礼真琴さん(れいまこと)

宝塚の中でも星組トップスターの礼真琴さんは、歌もお芝居も完璧で、かなりの人気だと噂では聞いていました。

ただ、今回初めて生で拝見して、想像の何倍も重厚な歌声が美しかったです。本当に奇跡の歌声で、もはやコンサートに来たのではないかと思うほど、素晴らしかったです。

お芝居に関しては、演じた「柳生十兵衛」が片目だったのですが、それを感じさせないキレのある演技でした。片目で銀橋を渡るのは、とても怖そうですね。

 

舞空瞳さん(まいそらひとみ)

星組のトップ娘役の舞空瞳さんを初めて生で見た印象は、お顔がちっちゃすぎて「どうゆうこと?私は同じ人間なの?」と驚きました。本当に生きるお人形さんで、お姫様フェイスが可愛すぎでした。

作品の中では、トップスターの礼真琴さんとの絡みが少なかったのが、寂しかったですね。でも、愛月ひかるさんとのお芝居をたくさん見れたので良かったです。

 

愛月ひかるさん(あいづきひかる)

柳生忍法帖』で退団される愛月ひかるさんについては、私が感想を話すのも恐れ多いくらい、光り輝いていました。上手く表現できませんが、本当に堂々としたお姿で、私は「覚悟」という言葉を感じました。

役は「芦名銅伯(あしなどうはく)」ということで、謎に満ちた男性なのですが、不思議と愛月ひかるさんからは幸せに満ちたオーラを感じて、これが退団する最後の公演なのだと心に刻みました。

 

他のキャストの皆さん

残念ながら、まだ他のキャストさんはお顔と名前が一致しないところもあり、感想はここまでとさせていただきます。

今回の公演で、星組さんをもっと知りたいと思ったので、これから少しずつ勉強していきたいと思います。

 

まとめ

f:id:turandotstella:20211129084504j:image

星組柳生忍法帖東京宝塚劇場のキャスト別の感想」をお話してきました。

今回の公演を通して、宝塚の日本物作品にとても興味をもったので、今後の舞台公演や過去作品の動画も色々見ていこうと思います。

これから公演を見に行かれる方は、劇場周りのクリスマスイルミネーションも楽しんでくださいね。夜公演は寒さが厳しいので、コートなどがあると良いかもしれません。

『モアー・ダンディズム!』は、また別のブログで感想をお話したいと思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございます。ぽちっとブログも応援いただけると、励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

 

関連記事

turandotstella.hatenablog.com