むあブログ

独身で生きていく。

「バルミューダ」電気ケトルの口コミ!デメリットは温度設定と容量?

f:id:turandotstella:20211124190953j:image

こんにちは、むあです。

今回は、年間愛用しているバルミューダ」の電気ケトルについて、メリット・デメリットを正直にレビューしていきたいと思います。

バルミューダ」の電気ケトルは、おしゃれなデザインでとても人気の商品なので、購入を検討している方の参考になれば嬉しいです。

では、さっそく「バルミューダ」の電気ケトルの特徴から、お話していきたいと思います。

 

バルミューダ電気ケトル『BALMUDA The Pot』の特徴は?

バルミューダ電気ケトル【容量】600ml

容量は「600ml」となっています。公式ホームページには、例として「コーヒー3杯、カップヌードル2杯分」と記載がありました。

バルミューダ電気ケトル【温度設定】無し

バルミューダ電気ケトル」には、温度設定の機能はありません。水を入れて、スイッチをオンにすると沸騰するのみです。

バルミューダ電気ケトル【価格】10,000〜30,000円

バルミューダ電気ケトル」には、複数の種類・デザインの商品があります。その種類によって価格が異なるため、目安としては10,000〜30,000円程度となります。

バルミューダ電気ケトル【種類・デザイン】

現在販売されている「バルミューダ」の電気ケトル3種類をご紹介します。

バルミューダ電気ケトル:ホワイト
バルミューダ電気ケトル:ブラック
バルミューダ電気ケトルスターバックス限定モデル

 

バルミューダ電気ケトルのメリット&デメリット【口コミ・レビュー】

バルミューダ」の電気ケトルの特徴をお話したところで、次は実際に3年間使った私が感じたメリット・デメリットを、正直にお話していきたいと思います。

バルミューダ電気ケトル【容量】★★

容量は「600ml」ですが、一人暮らしには十分だけど、ファミリー向けではないというのが感想です。

コーヒーを飲んだり、カップヌードルにお湯を入れたり、一人暮らしの生活で使う用途なら申し分はないです。ですが、ファミリー用となると、少し容量が少ないという印象ですね。

バルミューダ電気ケトル【温度設定】★

温度設定が「バルミューダ電気ケトル」の評価で最もデメリットだと感じる点です。温度設定の機能がないので、沸騰したお湯しか作れません。私は朝のルーティーンで白湯を飲むのですが、いつも後から水を足して飲んでいます。

その他の点で気になるのは、保温機能がないことです。なので、お湯が必要になるたびに、スイッチをオンにして沸かす必要があります。

バルミューダ電気ケトル【価格】★★

価格は種類によって「10,000〜30,000円」ですが、安くもなく高くもなくという感じでしょうか。デザイン性が高いので、インテリアの要素も兼ねると考えると、決して高すぎることはないと思います。

ちなみに私が買った「ホワイト」の電気ケトルは12,000円程度でしたが、良い買いものが出来たと満足しています。

バルミューダ電気ケトル【種類・デザイン】★★★

デザイン性の高さは他のどの電気ポットにも負けない「バルミューダ」の強みですね。購入して3年経っても、見るたびに美しいデザインに惚れぼれします。

種類もホワイト、ブラック、スターバックス限定モデルの3種類あるので、お家のインテリアに合わせて選ぶのも楽しいと思いますよ。

 

まとめ:「バルミューダ電気ケトルの口コミ!デメリットは温度設定と容量?

「「バルミューダ電気ケトルの口コミ!デメリットは温度設定と容量?」をお話させていただきました。

3年間使ってみて感じたメリット・デメリットを正直にお話させていただきましたが、デザインで選ぶなら「バルミューダ電気ケトル」はとてもおすすめです。温度設定ができた方が良いなど、機能面が気になる方は、他の商品も比較検討してみてくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。ぽちっとブログの応援もしていただけると、励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ 

 

関連記事

turandotstella.hatenablog.com